不妊症サプリ

不妊症は妊活サプリの効果で克服する

最新!無駄のないおススメ妊活サプリ!!

持っている・これから作る・排卵する卵子の質~「数」と「寿命」を減らさない~

「妊娠」に関わる要素に関して、特に「妊活」「不妊」の話題では

どうしても「女性側」に言及されることが多くなります。

 

もちろん、不妊の要因は男性側が抱えていることもあり

その事実も徐々に認知され始めています。

 

しかし、赤ちゃんを宿すことになる「子宮」や

赤ちゃんへと成長する「受精卵」を想像した際に

「女性が持つもの」という印象があることは事実です。

 

確かに、「命の誕生」という言葉を聞いた際には

「卵子」というものが、最も大きく関わっているようにも思えます。

 

そうしたことからも、卵子が持つ性質

特に妊活に必要な要素というものを、整理しておくことが必要です。

 

「卵子の年齢」と向き合うことが必要

 

卵子にまつわる話題の際、特に妊活・不妊の話題の際には

「卵子の年齢」ともいうべき「卵子の状態」に関して、取り上げられることも多いです。

 

というのも、

「年を取ればとるほど」卵子の状態も劣化していくことは

今となっては常識的なことであり

  • 不妊
  • 流産(死産)
  • 先天性障害

 

といったことも「生殖細胞」が原因となっていることは

広く知られていることであり、確かな事実でもあります。

 

もちろん「精子」も重要であり

より大きな要因を抱えていることもありますが

ここでは、卵子に関する解説をしていきたいと思います。

 

卵子の状態は、実際には「見えないもの」であり

「AMH(卵子・卵胞を予測する数値)」といった「目安」こそ存在しますが

実際には「結果(うまくいかないケース)」でしか判断できない

また結果からも、正確に判断できないものになります。

 

しかしながら「元気な赤ちゃん」を産む(授かる)ためには

元気な卵子(精子も)が必要なことは確かであり

元気な卵子を排卵することを、意識していく他ありません。



健康に「保つ」ことが現実的な解決策

 

「精子」が、「常に新しいものが作られている」一方で

卵子は「生まれる前から」その「素」を持っていることは

ご存知の人が多いと思います。

 

そして、その数は増えません。

 

「排卵できる量」には限界があり

(女性・自分自身が)生まれた後に増やすことができません。

 

「減る一方」なのです。

 

つまり、卵子の状態を考えるうえでは

「質」と同時に「量」も考慮していく必要があります。

 

更に深く考えた場合には、

「元気な卵子を減らさない」ことに行きつくことになります。

 

年をとること・避けられないことで

質が衰える・量が減るという「絶対条件」のうえでは

「できるだけ保つ」ということが、現実的なアプローチになります。

 

「劣化してしまった」卵子を蘇らせるためには

 

「アンチエイジング」が最も分かりやすい対策

 

「出産」に至る過程というのは、女性の全エネルギーが使われるため

「女性ホルモン」や「子宮」といった要素がはもちろんのこと

何といっても「元気な体」であることが前提です。

 

これはすなわち「若い」ことが、圧倒的に有利です。

 

ピークである「20代前半」を過ぎた後は、加齢によって

「体力」といった様々な「健康要素」が衰えていきます。

 

当然「卵子」をとりまく環境も、劣化の一途を辿ります。

 

そして、この劣化を食い止める・緩やかにするアプローチは

「アンチエイジング」と呼ばれ、いわゆる「若返り」のための働きかけになります。

 

体を「さび」させないためにできること

 

体の老化の原因というのは、細胞の劣化であり

細胞の劣化とは、日々体内で発生し続けている「活性酸素」によって

細胞が「酸化」してしまっている状態、いわゆる「さびている」状態です。

 

これを食い止めるための方法は、様々ですが

「抗酸化作用」を持つ

  • ビタミンC・E
  • ポリフェノール

 

とを含む食材の摂取がベースになります。

 

これ自体は珍しいことではなく、昔から「体にいい」とされるものであり

妊活を想定した場合には「プラスアルファ」が必要になります。

 

妊活アイテムの中にも「ルイボス」を中心に

抗酸化成分を配合したサプリもたくさんあります。

 

更に昨今では「アンチエイジング」のブームによって

「酵素ドリンク」といったものも、取り入れている方が

妊活カップルだけでなく、中高年の方々も多いようです。

 

酵素ドリンクは、特に「ダイエット」の面で注目されていますが

その根本には「代謝の改善」といったものが含まれます。

 

また、このサイトでも紹介している

「男性のための妊活青汁」は、女性にもおすすめです。

 

妊活女性に好評の「妊活酵素ドリンク」の詳しい解説

 

「早ければ早いほど」は当然のこと

 

アンチエイジングは「年をとった後」に始める印象もありますが

当然ながら、早く始めるに越したことはありません。

 

また、「今持っている卵子」と「これから作られる卵子」を

両方とも改善しいきたいと考える女性も多いと思いますが

卵子をその時期・段階によって区別することは、非常に難しいことです。

 

どのアプローチが、どの段階に効果・作用するかは

誰にも予想できないことであると言えます。

 

だからこそ「常にベストを尽くす」ことしかできないのです。

 

女性の妊活準備におすすめのサプリランキング

 

この記事に関連する記事一覧

<高齢>不安なカップルは早めにチェック<原因不明>