不妊症サプリ

不妊症は妊活サプリの効果で克服する

最新!無駄のないおススメ妊活サプリ!!

「プロラクチン」の値を下げる・抑制することにつながる妊活サプリはある?効果的な一歩とは?

「プロラクチン」という名前に関して、一般的にはあまり知られてはおらず

「不妊」に関する知識を、意識して入手するようになってから

知ることになる方も多い、やや専門的な名称のホルモンと言えます。

 

しかしながら、女性にとって・妊活にとって

非常に重要な概念となるものに違いありません。

 

プロラクチンとは、本来は「出産後」に分泌されることになる

母乳の生成・分泌を促すホルモンの名称になります。

 

しかし、出産後でないにも関わらず高い状態は

「不妊を招くサイン」として知られており

この「高プロラクチン血症」と呼ばれる状態は

妊活・不妊治療に挑戦する女性であれば、改善しておきたい症状になります。

 

プロラクチンは、授乳期というイベントを支えるホルモンであり

母乳をスムーズに作る・飲ませる以外に、「排卵をさせない」という働きがあります。

 

一時的に「妊娠できない」状態に、体をコントロールするのです。

 

つまり、プロラクチンが高い状態というのは

「妊娠しづらい」と言える、極めて自然な答えが導き出されます。

 

当然、妊活時には避けたい症状に違いありません。

 

卵子の「正常な熟成」ができなくなってしまう

 

プロラクチンが増えることで、なぜ排卵が抑制されてしまうかと言うと

プロラクチンは「エストロゲン」の分泌を抑制する働きがあるためです。

 

エストロゲンとは、卵子の熟成に欠かせない物質であり

エストロゲンによって、十分に成熟しさせられた卵子から

育った順に「排卵日」に排出されることになります。

 

エストロゲンの分泌が抑制されてしまうということは

卵子の正常な成熟ができず、排卵までたどり着かないことになります。

 

「もったいない」現象と考えられる

 

多くの方がご存じの通り、卵子というのは

「生まれた時点」で「最大数」が決まっており

それらが全て、排卵できるまで成長できるとは限りません。

 

更に、エストロゲンの分泌が抑制されていることで

「本来は成熟できたはず」の卵子がまでが、「ダメ」になってしまうのです。

 

これは非常にもったいないことであり、

ただでさえ、卵子の成熟確率が下がっている「高齢」であった場合には尚更です。

 

また、

 

「もし妊娠できたとしても」

 

死産・流産の可能性が高くなることは事実であり、意識すべきことと言えます。

 

サプリの利用は「なる前」の段階に必要

 

プロラクチンの値が高くなってしまう原因としては

「脳下垂体」や「甲状腺」といった、妊活とは関係のない要因が挙げられます。

 

またその治療に関しては、「外科手術」や「薬物の投与が」必要になります。

 

そのため「なってしまったら」サプリでの改善は現実的ではありません。

 

しかしながら、その「原因の要因」と言えるものには

女性ホルモンのバランスが関わっているとされており

「予防」に関してては、妊活サプリの力を借りて

妊活と平行して行うことができるとも考えることができます。

 

まずは「女性ホルモン」を整える

 

特に体に物理的なトラブルがないにも関わらず

プロラクチンが上昇してしまうこともあり

その場合には、ホルモンバランスの乱れが関わっていると考えられています。

 

高プロラクチン状態が、慢性的になってしまうのは

必ず防ぐべきであり、早急な対策が必要な事態と言えます。

 

ホルモンバランスが崩れているということは

「自律神経」といった深い部分が関わっている可能性も高く

そういった症状のほとんどに「ストレス」が関わっています。

 

そして、更に「冷え性」「貧血」といった症状が

自立神経・女性ホルモンの乱れを加速させていくことになります。

 

この状態の際に、効果的な妊活サプリを選ぶのであれば

やはり妊活初期段階におススメの「授かりやすい基礎を整えるサプリ」

もしくは子宮を中心とした「体を温めるためのサプリ」のいずれかが有効と考えられます。

 

女性のための妊活準備サプリランキングへ

 

ホルモンと生理環境を整えるサプリランキングへ

 

排卵が起こらないようでは、妊活の最初の一歩が踏み出せません。

 

そのため、基礎的な要素を整えることは

一歩ずつ進むうえでも、更にプロラクチンを抑制するためにも

非常に理にかなった、効率的なアプローチになるはずです。

 

この記事に関連する記事一覧

<高齢>不安なカップルは早めにチェック<原因不明>